タウンマップ

事業実績

  • 平成21年4月:「はまぐりマップ」改訂。折りたたんで持ち運び可能な形に発展させて好評配布中
  • 平成20年8月:「はまぐりマップ」10,000部増刷、20年度中にほぼ完配
  • 平成20年4月:「はまぐりマップ」完成。初版10,000部作成
  • 平成18年6月:「はまぐりマップ」作成開始
  • 平成18年3月:第1弾「今昔のまち みち みずを訪ねる中心市街地周遊コース」完成
  • 平成18年3月:「中心市街地ベースマップ」完成

事業主旨 – 地図情報をデジタル化 -

     桑名市には、数多くの観光マップなどがあります。しかし、それらは、ほとんど総花的な情報を 記載した大量印刷のマップであり、さまざまな目的で来街する多くの人にとって、必要な情報が少ない、 探しにくいなど、必ずしも使い勝手のよいものとはなっていませんでした。また、店舗やメニューが 早いサイクルで入れ替わることなどから、古く役立たない情報のまま使われ続けることも多くあります。
     そこで、本事業では、来街者・観光客の視点に立ち、利用しやすく、それぞれの人がほしい情報が 必要十分に載っているマップを作成しようと考えました。 
     このためには、目的に応じた少量部数の印刷が 安価に可能となるマップが作成できることが条件となります。 そこで、地図情報をデジタル化することにより、情報の追加や更新を容易に行うことができるように するとともに、基本的には白黒のマップとし、より安く、より多くの店舗などで印刷ができるような ベースマップを作成することとしました。
     また、マップは活用されてこそはじめて作成する意味があることから、平成17年度のベースマップ作成時には活用方法についても合わせて検討を行いました。
     そして、平成17年度事業により、「中心市街地ベースマップ」と使用例である「今昔のまち みち みずをたずねる市街地周遊コース」が完成しました。
     さらに、平成18年度からは、皆様のアイデアをもとに、より楽しく役に立つマップづくりを進めていき、総体的な色付けによりカラー化を図り、平成20年4月に「はまぐりマップ」が完成し、当年度中に増刷分も含めて2万部を完配しました。平成21年4月にはマップを改訂し、携帯に便利な折りたたみ式のマップに発展させました。
     
     なお、マップデータは、桑名市中心市街地を活性化する諸活動を目的とする限りにおいて 無償で使用できます。
    「中心市街地ベースマップの利用に関する取り決め」参照
    詳しくは「まちづくり 桑名」へおたずねください。